ささやかな感触

感触彼と知り合った時、運命的なものを感じたりはしませんでしたし(苦笑)
仲良くはなれそうだけれど、頻繁に会うような間柄になるとは思いませんでした。

悪い人では無いけれど、決して私のタイプでは無い」とも思っていましたし。
しかし、自分の思うような関係が必ずしも続くわけでは在りません。
彼は頻繁に私に連絡をくれるようになって居ました。
その事に対して私は最低限の返事をしていたのですが
時期に食事などに誘われるようになったのです。
多少の困惑する気持ちもありましたが、彼と食事に出かけて話をしていくうちに
彼とは今以上の関係に進んで行くのかも」なんて考えるようになって行きました。

それが私の中での小さな芽生えとなっていったのだと思います。
彼と会って話をするのが私の中の日常になって行った時、「ささやかな感情
を抱くようになって居ました。
彼ともう少し会う時間を作ることが出来たら。
もう少し話す時間が欲しいと自ら思うようになっていったのです。
そして私の方からも積極的に連絡を取るようになって行きました。

そうした日々を過ごしていくうちに、ささやかな感触は確信のようなものに変化していきました。
彼に恋をしたんだと自覚をしてから交際にいたるまでは今までの関係が一気に加速して
お付き合いをするに至ったのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ