セフレを探せる場所が増えてきた

セフレの事を知っている人がどんどんと増えているようですが、実際にセフレがいると言う人はまだまだ多くはないようです。
1970年頃にはセックスフレンドという言葉が外国で生まれていたようですが、それから時間が経って知る人は増えたものの、まだまだ関係を作る人は大きく増えていないようです。
もちろんセックスだけを楽しむ関係という事で、セックスフレンドに興味を持つ人はたくさんいます。
セックスが好きな人は大勢いますから、それだけで終わるという割り切りの関係に魅力は感じているのです。
魅了を感じはするものの、実際に相手を探そうとなるとどうすれば良いか分からないのです。
セックスフレンドという言葉は知られていても、一般的に広まっていませんから相手が作れなかったのです。
ただ、最近は出合いアプリが普及したことにより、セックスフレンドを探す場所として注目されています。
既にセフレを出会えるアプリで見つけている人もいますし、これからもどんどんと増えていくのではないでしょうか。
今までは興味を持ってもどうしようもなかったものの、出会アプリという場所が出来たことで行動が起こせるようになったのです。
セフレを探して見つける事が出来れば、セックスだけの関係で他は干渉しないで済むのですから利用したくなるでしょう。
女性にもセックスが好きな人はたくさんいますが、お金が目当てという場合もあるようです。
男性もお金に余裕がある場合には、セフレに欲しい物をプレゼントする事があるのです。
ただ、こういった関係になっている場合、セフレではあるものの男性が中心になって楽しむ事が多いようです。
パートナーのためにセフレを作る
例えば恋人がいたり、妻がいる男性がセフレを作る行為は不倫ですよね。
いくらセフレが割り切った関係だからと言ったところで、女性とセックスをしているのですから、パートナーに対する裏切りです。
もし恋人や妻がセフレがいる事を知ったら、ショックを受けるでしょう。
しかしながら男性の言い分としては、決して裏切りではないし、むしろパートナーを思いやる気持ちがあってセフレを作っている。
そう答える男性もいるでしょう。
何その言い訳?責任転換もいいところだ。
そんな意見に怒る女性もいるでしょう。
ですが、女性の中には男性とのセックスは気持ちよくなる事が出来ない。
既婚者の場合は、結婚して子供が欲しかったから新婚当時はセックスをしたけど、出産したからもうセックスは必要ない。
そんなふうに考えている女性もいるはずです。
男性だって、嫌がる恋人や妻に無理やりセックスをするわけにはいきません。
それに何度か拒否されたら、もう傷つきたくないので、セックスに誘う勇気もなくなります。
しかしまだ枯れるには早い年齢なので、セックスをしたいという気持ちはある。
だけど恋愛感情を持ったら浮気で、パートナーを裏切る行為になるけれど、セフレなら恋愛感情がないから裏切りではないというわけです。
まぁ女性の中には金銭的なやり取りがある風俗なら許すという女性もいますよね。
ですが金銭的なやり取りがないだけで、セフレも同じようなものだと思いませんか?
むしろ家計に余裕がないのであれば、夫が給料で風俗に行くよりも、無料でセフレとセックスをしてくれた方が助かりませんか?
常にセフレは3人以上いる状態です
自分は至って普通の男子大学生なのですが、大学に入学してすぐにセフレと付き合い始めました。
きっかけはバイト先の同僚で、それ以降はサークル仲間であったり、高校時代の同級生ともセフレになったりしました。
ただ、その時はまだ限られた相手とセフレになったぐらいでした。
しかし半年後ぐらに、出会アプリを利用するようになってからは、常にセフレが3人以上はいる状態になったのです。
出逢いアプリを利用してからは、同年代から一回り年上の女性まで、いろんな女性とセフレになることができました。
特に自分はまだ大学生ということもあり、とりわけ年上女性からの印象は良かったです。
多い時には、5人のセフレと同時に付き合ったこともあります。
学生とはいえ時間のやり繰りは大変でしたが、それでも何とか上手く付き合うことができました。
時には、午前中に人妻セフレとセックスをして、夜から女子大生のセフレとセックスをすることもありました。
女性によって都合が合う時間帯も違うので、1日で2人のセフレとセックスをするケースもあるのです。
性欲の方には自信があったので、1日に2人とのセックスも問題なくこなせました。
むしろ、性欲に自信がないと、3人や4人と同時に付き合うことなどできませんから。
ただ、今後は就職活動であったり、卒論の作成などもしないといけないので、さすがに今の状態を維持するのは難しいでしょう。
それでも、最低でも2人のセフレとは付き合い続けるつもりなので、大学を卒業するまではセフレの生活を送り続けるつもりです。
もっと言えば、社会人になっても落ち着いたらセフレを探すようになると思います。
セフレ作りにも積極的と消極的がある
セフレを作る人にも、積極的に作る人もいれば、消極的に作る人もいるのです。
後者のような人は、やむを得ず仕方なく作るといった感じになるわけです。
消極的にセフレを作るような人は、本来であれば恋人とセックスをしたい、できることなら愛すべき人と体を交えたいと思っているのです。
ただ、色々な事情でそれができない人も多いのです。
なかなか恋人を作ることができない、仕事が忙しくて恋愛をする時間がない、そもそも出会いの機会がほとんどないなど、そういった理由で恋人とのセックスができないわけです。
でも、性欲だけはどうにかして満たしたいと思うので、仕方なくセフレを作るわけです。
たとえ消極的な理由であっても、人間である以上は性欲には勝てませんから。
ただ、意外にもそういったタイプの人の方が、セフレに依存しやすい傾向にあるのです。
積極的にセフレを作るような人は、もし本命の恋人ができた時には、すっぱりとセフレを断ち切れる傾向にあるのです。
しかし消極的にセフレを作るような人は、一度セフレを作ってしまうとそれに依存をしてしまい、気持ちを切り替えられなくなるケースが多いのです。
それによって、たとえ恋人を作ることができたとしても、なかなかセフレを別れられないことも多いわけです。
むろん、だからと言って消極的な理由でセフレを作ってはいけないというわけではありませんが、くれぐれも依存をしないように注意しながら付き合うようにしましょう。
一度でもセフレの世界にハマり込んでしまうと、その後の人生に大きな影響を与えてしまいかねませんから。
Simple Is The Best
出合いアプリの中に存在しているセックスフレンド。
セックスフレンドをゲットしたい時は出会えるアプリを利用しましょう。
早く作りたい気持ちはわかりますし、丁寧に相手の事を考えて接していかなければと思う気持ちもわかります。
でもわざわざ手の込んだ演出や、アプローチをする必要はないんです。
セフレの関係も恋人や友達を作る時と一緒でシンプルで良いんです。
シンプルイズザベストっていうじゃないですか!
セフレも一緒なんですよ。
まずは人気の高そうな出会アプリに登録します。
人気なら登録者数も絶対に多いので、見つけやすいでしょう。
登録して女性を探すと思います。
まずは好みの女性にファーストメールを送っておきましょうね。
送ったらそこから、メールの内容をよく考えてとよく言いますが、いつも通りメールしてください。
友達とやり取りする感じで。
メールの内容も短文は控えるだけで全然違います。
あとはマメさですね!
これだけでセフレは作れます。
シンプルにやって1週間で見つける事ができました。
私の場合は、1日目は敬語で話して2日目からタメグチになって、友達のような会話ができるようになりました。
4日目ぐらいでエッチな会話をするようになって、距離が縮まりました。
セックスはどんなものが好きかとか、もし会う事になったらホテルか車かとかいろいろと話しましたね。
7日目には会ってセックスをしたのですが、言葉攻めとかも含めつつやると効果的です。
気持ち良いと思ってくれれば、2回目3回目のセックスができます。
頻繁に会うよりも、たまに会うのが良いと思います